スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
君を待つ。
- 2006/11/13(Mon) -
20061113055832


パーカーの上からコートを羽織って
白い息を指先に吐き出しながら。

君を待ってる。

煙草に点ける炎が震える。
全く俺をこんなに凍えさせて。
早く世界を暖めてよ。

スポンサーサイト
この記事のURL | ケータイから | CM(2) | ▲ top
<<屋根の上で | メイン | ん?>>
コメント
--
宵闇の「静」と朝の「動」・・・
その両方が交わる時、また新しく世界が動き出す・・

その瞬間を君はわたし達にプレゼントしてくれるんだね。。
2006/11/13 07:23  | URL | rakuda #-[ 編集] |  ▲ top

->raku-
静寂も、動活も選べない、どちらも捨てられない。
その二つの瞬間が交わう一時の美しいこと。

毎日世界を温もらす「君」は暖かいね。最高のプレゼント。
2006/11/13 13:55  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。