スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秘めた残像
- 2007/04/13(Fri) -
DVC00176.jpg



横浜にメイド喫茶ができてた…(ポカーン)

ぇー…orz

それはそうと
例のごとく今日は晴天だろうと根拠の無い確信をしていたら
残念ながら横浜は曇りですな。
次に入ってるオファーが晴天じゃないと駄目なので
今日は仕方なくお勉強日和。
足も快調だしスタジオに顔出そうかと思ったけど
おもちゃにされるのでwやめやめー。
今日はなんかのんびりしたい。

風が心地よすぎる。
空が優しすぎる。

吹雪全開な桜並木の真ん中に
ぽつん、と一本満開の八重桜がいた。
春休みも終わったしソメイヨシノも命僅か。
少し前まで花見客で賑わった並木通りは閑散としていて
俺しか居なかった。

祭りの後みたいだ。
嵐の前みたいだ。
晴天じゃなきゃ仕事にならないって解ってるのに
青空と引き換えに春の修羅が来るのを知ってる。
強風に煽られて擦り減らす淡い色

晴れてくれと祈るのにどっか痛いのは仕方ない。

だって好きなんだから。



スポンサーサイト
この記事のURL | ケータイから | CM(4) | ▲ top
<<蒼い | メイン | スタートライン>>
コメント
-春咲センチメンタルを、あなたに。-
+++++++++++++++++++++


 春の嵐が来て、君は綺麗になった。
 櫻は散ってしまうから、そっと雨の中、
 華の下に車を停めて夜の櫻を見上げてた。

 僕の上に、豪雨と花びらが落ちてきて、
 ガラス越しなのに、
 なんだか水面の底に沈んだ、
 魚の気持ちになった。

 花びらがガラスに落ちて張り付いて、
 その上を雨が流れ落ちていく。

 ――・・・ああ、魚ってこんな視界なのかも。

 そんな風に想ったから、
 そのまま流れるままに花びらを身体中で受けた。

 雨が弱くなり、風もなくなった空を見て、
 そっと、ゆっくりと車から降りたら、
 櫻は相変わらず喘いでいて、
 車は桜の花びらで化粧されているようだった。

 ゆっくりと家路についた後に、
 唯、薄紅色の華だけが、静かに雨に濡れていた。


++++++++++++++++++++++
2007/04/13 22:07  | URL | zain #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/13 22:47  | | #[ 編集] |  ▲ top

->zain-
zainのほうでも、今日は雨やったんか。
こっちも、豪雨が、すごい。
雨音は好きだけど

桜を想うね。
2007/04/14 03:20  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top

->04/13 22:47-
というか君は今まで俺を何キャラだと思ってたんだ。
そっちのが気になるぞ!!w

昨日の雨風はやばかったな。
桜も見納め。。。
2007/04/14 17:46  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。