スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
春雨
- 2007/04/11(Wed) -
20070411232149


したたかに打ち付けた雨粒は跳ね返り
壊れかけた総てに終止符を投げる
強風と雨に煽られて舞う花吹雪
悲しげではなく、誇らしげに
カウントダウンしていくんだ

濡れて消え行く世界と共に
暖かい闇は侵食していく
居心地が良くて吐き気がする
喪失感に怯えて眼を閉じる

柔らかな絶望
照らし返す光り
立ち上がる
力のかぎり
だって
閃光が消えたなら
この世は闇ばかり

『狡い』

馬鹿だ駄目だエゴだ
手を翳せば開ける空
遠退く雨音
ほら この手は
無力なんかじゃない

揺れて 焔
瞬く 刹那
フラッシュバック
激痛、暗転、

この世は安穏。

スポンサーサイト
この記事のURL | ケータイから | CM(4) | ▲ top
<<スタートライン | メイン | 二年ぶりに会った同僚>>
コメント
--
淑やかに、しなやかに。
世界は彩を変えて。

逞しく、僕の耳朶に翻る風の音、
それは咆哮、それは瞬き、それは刹那。

音色に耳を撫でられて僕は、
君の大きな赤い翼に目を奪われた

雷鳴響いて、彼の背には、
花びらを纏う赤き翼。

もう離せない、この眼から、
君は一つの溜息。
僕は此処にいる。


・・・華は散らなくて・・・



君の華は、僕を彩る漆黒の闇へと消ゆる...。
2007/04/11 23:35  | URL | zain #-[ 編集] |  ▲ top

--
鮮やかに咲く

ハナビラ

切なくて、ただ愛おしくて

散る君を捕まえてしまう。


一瞬の瞬きのような美しさを抱えて

僕は神に祈るんだ。


来年もこの花が咲きますように、と。



灰色の世界から飛び出してきた淡い色は

来年もまた同じように咲き誇ってくれるのだろうか。

でも、

僕はまだ

今年の君に囚われていたいんだ。



駄文、失礼しました(゚ω゚)ノ
毎回ながら、HALさんの詩は素敵ですなw
ふふw
2007/04/13 02:26  | URL | 黎李 #tQ725RIE[ 編集] |  ▲ top

->zain-
…本当はそんなに綺麗じゃない。
だけどzainに語られると
まるで綺麗なモノだったみたいに感じる。

ありがとう、いつも。
2007/04/13 03:02  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top

->れーり-
∑ぉおおおおお!
れーりの散文!貴重だぜーb

透明度の高い文章をあざーす!!
れーりの言葉も、嘘偽りを感じさせなくて好きだ。
2007/04/13 03:03  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。