スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
二年ぶりに会った同僚
- 2007/04/10(Tue) -
20070410212658


俺も見てた番組のカメラマンが知り合いだったことが解った。
基本的に映像カメラマンは全員の名前が出ることは稀で
大体スタッフロールに名前が載るのは一人だけ。
だから見てた当時は「あーあいつの入った会社だぁ」程度だったけど。

今スチールに来たと告げたらガッカリされた。

映像は好きだけど、
職にするもんじゃないと思っただけだ。
水が合わないからここじゃ泳げないな、と。

この世にある仕事で専門職ってものに就いてる人は
皆身体に鞭打って働いてる。
本当に魂ってやつからソレを好きじゃなきゃ駄目だ。
業界だけじゃなく。

命を削る覚悟でやってるから
不正とかあると呆れてしまう。
マスメディアのイメージが崩れるのは一瞬で
汗水垂らして築き上げて来たものでも立場がはかなすぎる。

可愛いモデル紹介しろよなんて言いながら笑って
映像カメラマン特有の視線で見下ろす相手に
あー、君も業界に染まってしまったんだねなんて感傷は不粋。

染まらなければ生きていけ無いことを知ってる。

世の中で言うキタナイ大人ってやつの大半に囲まれて
それ以外の処世術なんか解らないのに否定はできなかった。

でも時の流れが激流で酔いそうになる
自分の信念の元にしっかり地を踏んでいたつもりでも
絶対に大丈夫だなんて保証はどこにもないから気が遠くなる
弱気にはなってないけど
自分の中の善が汚されそうになるのが怖くて蓋をする
腹のうちを隠して話し合うことに意義を感じられない

御託と一緒に信念まで掃いて捨てちまったのかよと
つい、言いたくなって飲み込んで

背負う道具と同じ目で人を見るなとだけ、告げた。

人はカメラみたく自分の思い通りになんていかない

設定変えたからはいわかりましたとはいかない。

絶対に忘れちゃ駄目だ。そんな当たり前のこと。

映像もスチールも一緒だけど
人と人との関わり合いの中に成り立つ仕事だからこそ
毎日の人との出会いを常に新鮮な気持ちで迎えて
ひとつひとつの出会いを大事にしなくちゃ、

いつか夢見た願いを叶えても
それに気付け無い程に擦れてしまうよ。



※友人と話をして感じたことであって
業界の人が皆汚いとかそういうことじゃないです。
俺も恩師を未だに尊敬してるし、
業界の中でも高潔な考えの人はいるけど、
柔軟に思考を巡らせなければならない現場で
自己を保つのは大変だなあという話。

スポンサーサイト
この記事のURL | ケータイから | CM(10) | ▲ top
<<春雨 | メイン | !!!!>>
コメント
--
自分は将来
専門職につく者として
深く考えたな。
自分の職が専門職なんて言える程のもんじゃないかもしれんけど
汚いモノには染まりたくない
染まりたくないけどそうなってしまう人だって中には居て
マスコミとかに取り上げられたりして
騒がれてるけど

みんな最初は清い心でやった事で
やってるうちにどんなに好きな仕事であっても
辛いことはあるし
楽しいことばかりじゃない
仕事なんて楽なモノはない
芸能人でも好きで自分で入った世界であっても
憧れだけじゃやってけないし
やっぱり楽な仕事なんてないんだ、と思う
だから自分は世間とかに流されずに信念を貫こうと思う。
思うだけじゃあかんけどさー…

って…長いな…(笑)
2007/04/10 22:06  | URL | あさか #-[ 編集] |  ▲ top

->あーたん-
コメ㌧b

そうやねぇ。。。
色々人には人の事情があるんだろうけども。
染まらなきゃその仕事を続けられない場合もあるし。
苦労して就いた職ならそれこそ妥協しなきゃならないときもある。

問題はどこまで受け入れて、
自分の考えを頑なにならない程度に理解して
自分なりの正義にどの程度まで背けるか、かな。
自分ってものをしっかり理解して
考えを強く持てていれば
流されたり染まりきったりはしないよ、きっと。
2007/04/10 22:17  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top

--
うちなんか怖くなってきたなー。
いや、でも頑張る。
妥協かー・・確かにね。

とにかく自分を持って進めばいいんやね。
2007/04/10 22:37  | URL | a-tan #-[ 編集] |  ▲ top

--
専門職・・・
僕も一度プログラミングの道を志したことがあります。
もちろん実際に働いている現場を見たことがあるわけではありませんが、それ相応の覚悟が必要なようですね。
ぶっ通しで仕事をすることなんかザラだとか。

しかし意思の弱い僕は実質的にあきらめたような状態になってます。
仕事に「命」をかけるには至らなかったというところでしょうか。
結局、「効率」とか、「利益」を取ってしまったんですね
努力さえすれば必ず報われる。世の中がそんなに簡単だったらそれも考えたかもしれませんが・・・


とはいえ今は他の職ではありますが、進路の希望はありますよ。
自分がなりたいと思うことで、努力が苦にならない(まったく苦にならないのかといえば嘘ですがw)
といった経験をしたのは最近のことです。

何をやっても本気にはなれなかった僕としては、自分自身が一番驚いていますね。

・・・なんかコメントなのに自分の話になってしまったww
しかも口下手・・・
すんませーん(笑)
2007/04/11 00:14  | URL | ケイン #-[ 編集] |  ▲ top

--
心配させてごめん。
あっちのほうに足跡ついてたから。
今から寝ます。

明日はよく動けそうだよ。
2007/04/11 02:32  | URL | zain #-[ 編集] |  ▲ top

--
久しぶりにあった友達が変わってると少しがっかりと言うか、寂しくなりますよね。自分だって変わってるんだろうけど。

僕は汚い大人に囲まれて仕事をしていた人間です。それに染まるのが嫌でその会社を辞めました。大したものじゃないけど、肩書きや給料なんかよりも「人間らしさ」を大事にしたいと思ったからです。

僕は辞める時に「こんな会社に染まっちゃ駄目だ」と思いましたが、気づいていないところで染まってしまっていました。蓋をするのが遅かったようです。自分でも心が汚くなってるのを実感してしまいました。

しかし、一度染み付いた汚れを落とすのはなかなか難しく、1年経った今でも、まだ全てを拭い去ることはできません。きっとこれから先も悩まされることでしょう。

自分でも汚れた自分が嫌になるときがありますが、それを受け入れねばいけない。それも大変です。

何か、長くなって話がよくわからなくなりましたが、“心の浄化運動実施中”のnonnonをこれからもよろしくですよー♪ほっほっほ。
2007/04/11 02:36  | URL | nonnon #-[ 編集] |  ▲ top

->あーたん-
大丈夫、みんな恐いんだ。
2007/04/11 03:12  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top

->ケイン-
そうだね、専門職と呼ばれる人たちは皆そう。
休憩とか休日とか無いに等しいというか、
あってもそういう日こそ寝ないと持たないとか。

ぐだぐだに疲れて目とか超充血して今にも死にそうなのに、
でもやっぱり夢を語るときは生き生きとしてる。
そんなもんだね。

ケインも、本気でやりたいことを見つけたんかぁ。
夢が無いと語る人は
それを見つけるまでが長くて本当につらいらしい。
どんな道を選んだって険しく苦しいのが一緒なら
好きなことでヒィヒィ言いたいもんだよな。

いやはや、真剣な意見が聞けてありがたいっすb
コメ㌧㌧^^ノ
2007/04/11 03:16  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top

->zain-
もー気になって気になって
ちょっとタウンぐるぐる探しちゃったぜw

でも、平気そうなら、よかった。
安心した。
2007/04/11 03:17  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top

->のんのん-
ガッカリというか…専門学校の同級生だっただけあって、
同じ夢、似たような気持ちを持っていたはずなのになぁと
ちょっぴりショックだったかな、勝手だけどw

人間はやっぱ集団で生きる種族だから、
生きていくための処世術として
柔軟性を適応力に変える術を持ってしまってるんだよね。
だから自分では嫌だと思っていても
その水(会社)で生きてく術を覚えてしまう。

でも、知らずに染まってしまっていることと
自覚して染まることは違うんだ。
嫌だだけど仕方ないから上っ面だけでもと。
のんのんは自分で気づけたんだから
遅かったなんて思うことは無いし
寧ろその居場所を捨てた勇気は凄いよ。

俺も長くなっちゃったけど、
今でものんのんは素敵な兄さんだと思うのだb
2007/04/11 03:26  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。