スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「ジャンヌダルク」
- 2007/02/22(Thu) -
++++++++++

For XXXXXXX

 THANX request...



++++++++++


























零れ落ちた ひとしずく
きっと 当人でさえ

気づかぬ程

小さく、儚い











力強く掲げた剣(つるぎ)の先、

待ち望む世界があると信じて

ただ走り続けてきた道














弱音を吐く暇などなかった
だから 弱音の吐き方を知らなかった

苦しい、と零れた嗚咽は喧騒に溶けて

世界に独りきりのような 錯覚


















言えばいい
幾らでも
唇から 声に出して
呟くでも 叫ぶでも
苦しい、痛い、

たすけて、 って















それは見っとも無いことでも、
イケナイことでも無いんだ

誰かの涙を拭ってばかりで
気づけば泣き方を忘れて
ツライことをツライと言えなくて













それで



世界が うまく 回っても



それが



うまい生き方だとは思わない



























立ち止まる前に 壊れて消える

たすけて、
一言溢す前に崩れ落ちて 
たくさんたくさん頑張っても
拭えない虚無に堕ちる






















誰かを抱きしめる覚悟は
同時に相手も得ている
君が



苦しいと洩らした嗚咽を
愛しいと思ってくれる
共に 生きていこう

その苦しみを分けて













その痛みを
胸に空いた傷を

共に。












追い求めて 理想
武装して清く散れ

そんなに 美しく或れと 思わなくとも










もう、みんな




君の純真を知ってるよ。






















掲げた剣の先

切り拓いていく世界

例え見たことも無い程 美しい世界でも

君の居ない世界なんて

意味が無い、って



気づけないのなら





教えてあげる











折れた足を引き摺って

尚 進もうとする君を

引き止めて。






追い求めたモノは その手にあると

教えてあげよう。

何度でも。






















++++++++++

リクをもらって浮かれて書かせてもらいやした。
途中感情移入しすぎて稚拙なところもあるけど…orz
こんなんで良かったかなぁ?

また、君については書こうと思うよ。

++++++++++
スポンサーサイト
この記事のURL | @ゲ日記(ログ保留用) | CM(0) | ▲ top
<< | メイン | 冷静になった>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。