スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「翳り」@ゲ日記
- 2007/01/26(Fri) -
++++++++++


駄詩




++++++++++





















































その掌が翳されるとき、闇は怯え慄く
怖くなんか無いんだって嘯いて
彼の手を震えて見つめる



悪がギクリと竦むのは
彼の所為ではなく
その悪自身の罪から出たもの



厳かに掌を翳し
ゆるりと戦友へ差し伸べる
彼の腕は誰かを叩きのめす為ではなく
仲間を支える為にあるのだと

同士だけが知り得る





鉄槌を下す訳ではない
何故なら彼は神等という
非情な偶像なんかじゃなく

我等の目線にしゃがみこむ人間



人間の痛みを知り得るのは
同じ人間同士でしかないのだ
人間同士でさえ理解し得ないこともある
だけどそれは他の動物達よりも

限りなく近い場所での擦れ違い





彼は争う人々を見て
悲しげに視線を伏せた






その腕を翳せば愚かな人間等薙ぎ払えるように見えた

だが彼はそうしなかった

善も悪も光も闇も受け入れて

皆平等な視線で見ようとしていたから

理不尽な力や権力等は振り回したくなかったのだろう











この世に神なんか居ないと思って生きてきたけど

アンタのことは信じられるよ

++++++++++






























※アトゲのフレンドの一人をイメージした文章。
 ちなみに本人はきっとこの日記を見ない筈、、、俺の予定ではw

++++++++++
スポンサーサイト
この記事のURL | @ゲ日記(ログ保留用) | CM(0) | ▲ top
<<赤信号、皆で渡れば怖くない | メイン | 今日>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。