スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
たしかなもの
- 2007/01/16(Tue) -
20070116130342


ちょっとこの投稿は真面目で長ったらしいから
時間があって、じっくり考えたいひとだけ読んでほしい。

C.G.ユング(心理学者)の本を最近読んでる。
彼について、また彼の論じた心理分析について書かれた本は沢山あるけど
知れば知るほど恐くなる。

俺の持つ信念、思考とかそういったものは
第三者的でありつつ当事者の立場にも立つ考え方だ。
感情論が愚かだとは到底思えない。
人が美しいのは感情を第三者に伝えられるから。
それは表情で、声で、言葉で、温もりで、
表現方法はいくらでもあるけど
ひとは誰かに気持ちを伝えることができる。
反対に隠すことも偽ることもできる。
それは同時に人間心理の二面性または多面性を現してる。

ちょっと論点はズレるけど、
一昔前にサトラレって映画があった。
安藤政信主演で漫画原作を実写映画化したもの。
主人公は希少価値の特別種で思考が半径十メートル(だっけ?)
範囲内にいる人達に駄々漏れになってしまう生れつき。
だけど周りは知らない振りをしている。
国をあげてサトラレにサトラレだと気付かれないようにしている。
映画自体はコミカルを交えつつ感動的に締め括られて
笑えて泣ける大衆映画にしあがっていて大好きなんだけど
アレを見てちょっと考えさせられたところがあった。
俺は思ったことが結構そのまま口から出てしまう人種
それは自分が理想とするところの人間てやつだから
まあ自分的にはそれについて不満は無いんだが
それがゆえ価値観の違う友人を傷つけてしまうこともあって
考え方の違うひとの気持ちが読めたらいいのにと思ってた。
基本的に話すこと、日本の言葉が好きだから
会話で理解できるのが一番いいんだけど。
だけどサトラレを見て
自分の考えが駄々漏れなのはもちろん嫌だけど
他人の考えが丸まる聞こえてしまうっていうのは
なんて恐ろしいことかと思った。
人間にとって、コミュニケーション、つまり
会話や文章に起こした言葉は
最も原始的で親しみやすく日常に溶け込んだ大切な「表現方法」であって、
そういったものが無くなると
人類は大切な自己表現の方法を一つ失うことになる。
これは確か大昔の漫画「スター・レッド」でも論じられていた
(人類が皆テレパシーを持ったら口も目も手も足もいらなくなるという考え方)
こう書くと大袈裟に聞こえるかもしれないけど、
作家っていう副業で言葉を愛してる自分だからそう思ったのかもしれない。
「拙い言葉」「秀逸な言葉」は、どちらもそれだけで個性の表現となり
当人の魅力の一つとなることもあるだろう。
だけど考えたことがそっくりそのまま相手に伝わってしまうのなら
言語という個性表現の場が一つなくなってしまう。
それは「人間らしさ」が一つ失われることと同義だから怖い。

なんでサトラレの話をしたかというと、
詰まるところディスカッション大好きです!って
ただの主張みたいな感じになるけど(笑)
話し合いで人に歩み寄るのが好きなのに
心理学を学ぶと言葉以外のところで人を理解できるようになってくる。
既に専門学校で犯罪心理学と映像心理は学んだけど
真っ当な心理学は全く違う。
確かに勉強したところで
話し合い無しに人一人丸まる分析できるようにはなったりしないけど
言葉無しに人を少しでも理解してしまうことは
サトラレを見つけてしまった人達に似ていると思ったから。

ユングの本を読んでいて、
彼も俺と同じようにただ「人間が好き」ということは
もービシバシ伝わってくるんだけど
人間心理を理解できるようになってしまうことについて
彼はこんな畏怖を覚えたりしなかったんだろうか。
今は亡き偉大なる学者に
こんな素朴な疑問を、ただ、直接聞いてみたいと思った。





身近な友人達が苦しめられてる
衝動的で唐突な鬱
何度目を覚ませと怒っても泣いても死に向かい走る友人を
俺は止めたいだけなんだ
その腕を何度捕まえても
擦り抜けていってしまう恐怖感を
拭い切れなくて呆然とする
もう二度と誰かを失ったりしたくない
君の血を、その温度を俺は忘れない。
みっともなくても未練がましくても
何度だって俺が捕まえる
一人じゃ無いだろって言ってやる。

スポンサーサイト
この記事のURL | ケータイから | CM(3) | ▲ top
<<ちょっと、ちょっとちょっと! | メイン | 因果応報>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/16 19:46  | | #[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/17 03:21  | | #[ 編集] |  ▲ top

-考える。-
>れいり
この日記を読んで、真剣に考えてくれてありがとう。
それかられいりのことも話してくれてありがとう。
夢に見るっていうの、本当によく解るわぁ。。。
俺も一時期夢を見るのが苦しいときあった。
今は事実を受け入れられるけど、後悔は消えない。
真面目に考えて書いたことに対して真面目に考えてコメントしてくれるのは嬉しいことだよ^^
俺も普段は頭ん中春ですから~w

>ラク
やっぱり、この日記を読んで真剣に考えてくれたことにありがとうって言いたい。
日常生活を支障なく送るタメの心理学校もあるんだよー
現代社会では精神病って「弛んでる!」では済まされなくなってきたからね。
でも子供から~ってのは全く持ってそうだと思うよ。
誰かが人は子供を持って家庭があって一人前って言ってて
本当にそうだと思ったもん。
子供を持って育てていく過程で、きっと今まで勉強してきたのと同じくらい、もしかしたらそれ以上のことを勉強するんだろうな~と思いやす。
ファイト、お母さんラクbb
2007/01/17 10:35  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。