スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
傷痕
- 2006/11/30(Thu) -
20061130093118


例えば、足や腕を骨折しているときは
当たり前だけど誰かを殴ったりはできない。
誰かを傷つける行為も、力が要るからだ。

人は誰しも心に闇と光があって
闇の部分に大なり小なり傷口を抱えてるんだ。
まだ癒えてない傷は普通どうする?
痛みが拡大しないよう庇うだろ?
足だったら歩くたび痛いからそっと歩くだろ?
心の傷も同じだと思う。
傷口が痛いから大胆に動いたりできないんだ。

だから、そっと歩くように人に優しく出来るんだ
痛かったら痛い思いをした分だけ人の痛みが解るように
知らず咲いた花のように寄り添える。

俺は俺が孤独だとは思わないよ。
同じ様に、君が孤独だとも思わない。
だけど俺が寂しく感じないのと
君が淋しいと叫ぶ感傷は違う
何故ならば俺と君は違う人間だからだね。
一つの物事に対して百人居たら百通りの感じ方がある
だけど誰も理解してくれないと嘆くことは無いんだ
考え方は様々で時に非難されることもあるだろう
でも俺達は人間だから
言葉という、どんな文明機器も敵わぬ最強の武器で
お互い限りなく近づくことはできるんだ。
違う固体だから一つになることはできないけど
君の隣に居る人を否定しないであげてくれないか。

スポンサーサイト
この記事のURL | ケータイから | CM(2) | ▲ top
<<ヤベッ | メイン | 「そんなに必要?」@ゲ日記>>
コメント
--
ハルの気持ち、伝わるといいね。。
そして、力になれたら、元気を与えられたらもっといいね。。。
2006/12/01 10:24  | URL | rakuda #-[ 編集] |  ▲ top

->ラク-
ありがとう。
元気になるには俺の言葉だけでは足りないけど、
少し前向きに考えられるといいかなと。。。
2006/12/01 12:33  | URL | HAL #vkcXtX9g[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。